松戸・柏イベント情報

千葉県・東葛地域(松戸市・柏市・流山市・野田市・我孫子市・鎌ヶ谷市)のイベント情報を掲載しています

松戸市

MAD STUDIES/ゲスト:SIDE CORE

投稿日:

2019/11/26(火)
会場:FANCLUB (松戸市本町20−10 ルシーナビル 7F)
日時:11月26日(火) 17:30〜19:00

***

現在、松戸市と株式会社まちづクリエイティブで実施している「松戸市おしゃれな街づくり調査研究」事業の一環として、都市における新たな取組や研究の実践者であるアーティストSIDE CORE、建築家 中山英之氏とともに、勉強会を開催します。第1回はアーティスト「SIDE CORE」をゲストに招き、かられの作品や実績を振り返りながら、これからの松戸市における公共空間の活用やそれにまつわる規制などを話題にする予定です。

開催日:2019年11月26日(火)17:30~19:00
出演:SIDE CORE
定員:5名
参加費:無料
会場:ルシーナビル 7F『FANCLUB』
アクセス:千葉県松戸市本町20−10 (JR/新京成電鉄・松戸駅西口から徒歩2分)
主催:株式会社まちづクリエイティブ
お問い合わせ:コンタクト(MAD City)

【SIDE COREさんご紹介】
2012年から高須咲恵と松下徹により活動を開始。
美術史や日本の歴史を背景にストリートアートを読み解く展覧会『SIDE CORE -日本美術と「ストリートの感性」-』を発表。その後、問題意識は歴史から現在の身体や都市に移行し、『SIDE CORE -身体/媒体/グラフィティ-』(2013年)、『SIDE CORE -公共圏の表現-』(2014年)を発表。さらに2015年の『TOKYO WALK MAN』からは表現の場を、室内から実際のストリートへと広げる。 ゲリラ的な作品を街に点在させ、建築や壁画、グラフィティを巡る『MIDNIGHT WALK tour』は、現在まで不定期に開催している。 2017年より、西広太志がメンバーとなり、公共空間にある見えない制度に、遊びを交えた視覚化をするアプローチの手法が確立されていく。また、数々の展覧会に参加する一方、2016年からは東京の湾岸地域のスタジオ『BUCKLE KOBO』の運営など、都市での表現のあり方を拡張し続けるアーティストたちが、流動的に参加できる場として、展覧会に留まらない活動を展開している。

※席に限りがありますので、応募者多数の場合は抽選になります。予めご了承ください。

本イベントへのご参加は以下のエントリーフォームから申請して下さい!
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdltQDPnZrulMPqk4uSS_tqybYyAoNO1lY_9fVfyOBFepeNNA/viewform


イベント詳細
https://www.facebook.com/events/2457198117690821/


-松戸市

Copyright© 松戸・柏イベント情報 , 2021 All Rights Reserved.